-

多様にあるキャッシングサービスの審査基準の切り口から比べるてみると、その審査もいろいろあることが図れます。キャッシングと口々にいっても、銀行であったり大手のものであったり、また個人のものなど様々です。それをチェックした場合、明らかに、審査項目がゆるい会社通りづらい会社に、はっきり分かれるのです。まず、合わせてお金を借り入れる件数は、三社というのが基準になります。キャッシング数が3社がお金の融資をしてもらっている金額が一年間の収入の3分の1より少なければ、銀行系でも審査項目に通過する割合いは高いはずです。銀行はたいてい利息が少なめに設けてくれてますので、利用することであれば金融機関系がベストです。融資を受ける件数が万が一融資を受けている件数が4件を超えている際は、金融機関は難しくなるはずです。なのですが、2006年に新しくできた貸金業規制法や出資法等の法の改正により、利息の上限が下げられ、銀行系では手続きが通りづらい方向にあるようです。銀行でも、より一層審査に関しては通りづらくなると思います。また、審査項目のゆるい会社とうわさの会社でも、なりふり構わず審査を依頼すればよいということでもないです。万が一、事前にその会社について情報を調査せずに申し込み、審査基準に通過しなかった際は、その審査項目は個人信用情報機関に記録されてしまいます。信用情報機関に登録される期間は三ヶ月から六ヶ月なので、その時間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといって即座に借りられないということでもでないですが、その個人記録を参照するキャッシング会社の審査には、間違いなく、影響があります。比較的甘いといわれる手続きを行う業者でも、そのことにより融資を受けられなくなることも発生するかもしれません。