-

貰った利用レシート所持する必要性はある。解答から先に述べると必要は特別ないというのが解答です。ある人によっては保持することにより自分自身が決済した証跡を持っていたいと考える際には残しておけばよいだし、逆にそのような明細は必要ないと考える場合には残しておく必要性はないと言えます。しかし受け取る利用履歴との照らし合わせ作業段階には例外なく上述の明細レシートが必要です。その時点までキープしておかないといつどのくらいの金額を使用したのかが明確でなくなるだけでは済まず、間違えた請求・重複がないかの照合がすることができないから危険なのです。クレカを利用した大きさについては明細レシートを保管していないと覚えておくことはできないはずです。短くても利用明細書が送付されてくる1ヶ月・2ヶ月くらいはなくさずに無くさないようにして頂きたい。クレジットの明細レシート処分手段・・・クレカの利用レシート破棄の手段は非常にシンプルなのです。他の人に不正使用されないよう小さくちぎって破棄するだけで良いのである。自宅用シュレッダー等が自宅で使える場合には利用するのが良いでしょう。なんと言ってもクレカの利用を残している利用レシートであるためクレカNo等、個人情報を特定される情報がふんだんに詰まっているのです。ゴミ同然のレシートと考えず、処分は用心して行うようにしたいです。尚、今は防犯のため明細レシートにクレジットNoなどの機密情報が表示されていないケースも出てきているようだが、油断は禁物と思われます。