-

破産申告を考えている人で負債に関して保証する人が存在する場合はあらかじめ相談しておいた方が良いです。再度、改めてお話ししますが、保証人を立てているときは、自己破産をする前に検討しておかなければなりません。その理由はあなたが破産申告をして受理されると、保証人になっている人があなたが作った義務をいっさいがっさい果たす必要があるからです。やはり、自己破産の前段階に保証人となる人に至った内容とか現在の状況について説明しお詫びをしなくてはなりません。これらは保証人になってくれた人の立場に立つと不可欠なことです。借金をしたあなたが自己破産するためにまったなしに何百万円もの支払い義務が生じるわけですから。それで、それ以降のその保証人の選ぶ選択肢は4つあります。まず1つめですが、その保証人が「全額弁済する」という方法です。保証人自身がすぐにでも大きな簡単に返すことができるほどのようなキャッシュをたくわえているならばこの手段を取ることができるでしょう。でもむしろあえて破産宣告せずに保証人自身に立て替えてもらい、あなた自身は保証人に定期的に返済をしていくという解決策もあると思われます。保証人がもしあなたと良いパートナーであるのであればある程度完済までの時間を延期してもらうこともできないこともないかもしれません。それにひとまとめにして完済が不可能でも、金融業者も相談により分割での返金に応じるかもしれません。あなたの保証人にも破産による整理をされると一銭も返ってこない可能性があるからです。保証してくれる人がその負債を代わって払う財産がなければ、借金しているあなたと同じようにある中から借金の整理を選ばなくてはなりません。続いては「任意整理をする」ことです。貸した側と落としどころをつけることによって3〜5年の期間で返済していく形を取ります。この問題で弁護士に依頼する場合の費用は1社ごとに約4万円。7社から借金があるならだいたい28万円必要です。むろん貸金業者との交渉は自ら行うことも不可能ではないですが経験も知識もない人だと相手があなたにとってデメリットの多い和解案を提示してくるので、気を付けなければなりません。また、任意整理で処理する場合は保証人となる人に借り入れを負担してもらうことになるわけですから借りた本人は長くかかるとしてもその人に返済していく必要があるでしょう。さらに3つめは保証人である人も返せなくなった人とともに「破産宣告する」という選択肢です。保証人である人もあなたとともに破産手続きをすれば、保証人である人の債務もチャラになります。ただし、あなたの保証人が不動産などを所有している場合はそれらの財産を失ってしまいますし資格制限のある職についている場合などは影響があります。そういった場合は、個人再生という処理を利用できます。4つめの選択肢は「個人再生という制度を利用する」ことができます。住宅等の不動産を処分せず負債の整理を望む場合や、自己破産では資格に影響する業務にたずさわっている人に検討していただきたいのが個人再生です。これなら、自分の家は処分が求められませんし、破産の場合のような職業にかかる制限、資格に影響する制限等は何もかかりません。